顔のたるみを改善する化粧品ランキング|顔のたるみ改善チェキ

顔のたるみをなんとかしたい!
スキンケアとライフスタイルの見直しで今からアンチエイジングをはじめてみませんか?

「年齢を重ねていくごとに目元、口元、頬のたるみが気になる…。」
「なんとかしたいとは思っているけどどうしたらいいかわからない!」
そうしたお悩みを持つ女性は多くいらっしゃることだと思います。
特に30代中頃を過ぎたあたりから、肌にハリと弾力を与えるコラーゲンなどの成分の量は体内で減少していきます。
その結果、年をとるごとに肌からハリが失われ、重力に引っ張られてたるんでいくのです。

フェイスラインがたるんでくると、二重あごに見えたり、マリオネットラインが出現したり、またほうれい線も深くくっきりと目立つようになったりと、顔の印象が老けたようになりますよね。加齢や重力は避けて生活できません。
しかし、スキンケアとライフスタイルを見直すことで実年齢に負けず、改善させていくことは可能でしょう。

こちらのサイトでは、顔のたるみに悩む多くの女性から選ばれているスキンケアアイテムと、たるみ改善のために日常生活で気をつけたいことなど、「顔のたるみ」についての情報をお届けしていきます!

顔のたるみ改善スキンケアランキング
ランキング1位b.glen
b.glen
b.glen
  • 肌の細胞レベルに働きかけるケア!
  • 独自の技術で有効成分を必要な箇所に確実に届ける!
  • 10年前の肌の弾力を目指すプログラム!
たるみに効果的な成分 ヒアルロン酸、コラーゲン、L-アスコルビン酸
トライアルセット料金 1,944円(税込)
内容量 7日分
ランキング2位アヤナス
アヤナス
アヤナスのポイント
  • 敏感肌の方にやさしいスキンケアコスメ!
  • 肌の生まれ変わりをサポート!美肌成分の入りやすい肌に
  • コラーゲンの生成を促して内側からハリを整える!
たるみに効果的な成分 CVアルギネート、ヒト人型ナノセラミド
トライアルセット料金 1,480円(税込)
内容量 10日分
ランキング3位メディプラスゲル
メディプラスゲルバナー
メディプラスゲルのポイント
  • 美容成分が62種も配合!
  • 製薬会社との共同開発!
  • 「見た目年齢が若くなった!」とリピーター続出!

たるみに効果的な成分 コラーゲン・ヒアルロン酸・高濃度セラミド
トライアルセット料金 トライアルセットなし

(※初回限定で30日間全額返金保証のお試しコース有)

内容量 通常価格 約60日分で3,996円
たるみスキンケアおすすめNo.1はb.glen(ビーグレン)

ビーグレン独自の技術「QuSome」ってなに?

「QuSome」とはビーグレン独自の浸透技術のことです。
有効成分を超微小カプセルに閉じ込め、肌の奥の必要とする箇所まで確実に届ける浸透テクノロジーなのです!
これは現在の開発最高責任者であるブライアン・ケリー博士が、カリフォルニア大学で教鞭をふるい、研究にいそしむ中で、医療目的で発明した技術です。「ハリの減少」「頬のたるみ」「深くなったシワ」などの肌老化に対し、この技術をスキンケアに導入することで肌の奥の細胞に働きかけることが可能になったのです。
そして「QuSomeコンプレックス」とは、さらに「QuSome」を進化させた、成分を複合させる技術のことをさします。

フェイスラインがたるみ、ほうれい線がくっきりしてきた方、口角が下がって「怒っているの?」と聞かれてしまう方、エイジングケアコスメを使用してもなかなか効果が感じられなかったという方には是非一度お試し頂きたいスキンケアラインです。

たるみは年齢のせいだけじゃない!

たるみの原因として「糖化」という現象があることを聞いたことがありますか?美容業界のみならず、医療界においても「糖化」は美容と健康に対して悪影響があると、今大変注目されています。
「糖化」とは、体内で摂取した「糖」と「たんぱく質」が結合することをいいます。「糖化」がすすむと最終生成物AGEsがつくられます。(あらかじめAGEsが多く含まれた食品も多数あります。)AGEsはコラーゲンとエラスチンの代謝を遅らせ、コラーゲン線維の弾力を低下させたりなどしてたるみを生じさせます。つまり甘いものの食べすぎでコラーゲンが糖化して固くなり、肌がたるんでくるのです。「糖化」のやっかいな点は以下のようなところです。

・ 「糖化」で一度固くなってしまったコラーゲンの部分に関しては元にはもどらない

・ 「糖化」は肌だけではなく体のたるみも生じさせる

・ AGEsは一度体内に蓄積されると排泄されにくい

・ 「糖化」が進むと美容面での不具合だけではなく、目、骨、血管など、体のあらゆる部分に病気を引き起こす

以上のような「糖化」が引き起こす悪影響を考えると「抗糖化」を意識してライフスタイルを変えていくことが顔のたるみ予防・改善と健康への近道となりそうですね。
以下の項では「抗糖化」への対策も含めた「日常生活で気をつけたいこと」についてふれていきたいと思います。

生活環境にも原因が!顔がたるむ理由

生活環境や生活習慣の中にもたるみの原因となる要素はひそんでいます。ですからライフスタイルや習慣を見直すことでたるみを予防、改善させていくこともできます。ここではすぐに取り入れやすい日常生活でのたるみ対策についてご紹介していきますね。

・姿勢について…姿勢の悪さも顔のたるみにとってはよくありません。たとえばいつの間にか猫背になって、うつむきながら長時間スマホに集中することが習慣になってしまっている場合は要注意です。姿勢はなるべく正して、うつむきっぱなしの時間は少なくしていけるように調整してみましょう。

・マッサージ…顔のコリは、たるみを引き起こす一因です。コリをほぐし、リンパに沿って流していくマッサージはたるみの防止や改善につながるでしょう。毎日続けることで頬の位置が高くなるなどの効果も期待できます。

・「抗糖化」対策…前項で挙げた「糖化」を最小限にする方法をいくつかご紹介します。
①AGEsを多く含む食品(糖分とたんぱく質高温加熱してつくられる食品)の摂りすぎには気をつける。(クッキー、ケーキ、焼き菓子、フランクフルとなど)
②食べてからすぐに10分程度のウォーキングを習慣づける。
③早食い・夜食はできるだけ控える。

私たちの体は炭水化物を分解して糖に変え、それをエネルギーとしていきています。糖化の影響を受け続けていきていくのです。しかし、必要以上、過剰な糖化は美容にも健康にもよくありません。
顔のたるみの予防と改善を意識しつつ、体にとってもやさしいライフスタイルにシフトしてアンチエイジングを始めてみませんか?

顔のたるみはどうして起こる?原因はいろいろ

顔のたるみは年齢とともに起きてきます。
重力の関係から、人間の肌が上に釣り上がることは絶対なく、力ない皮膚は自然と下に下がり、たるみの原因になります。
顔のたるみの原因は、肌の弾力がなくなる、皮下脂肪の増加、表情筋の低下です。
肌の弾力に関しては、肌を作るコラーゲン、エラスチンの減少とともに、水分をきちんと保湿できなくなって、肌に弾力がなくなります。

弾力がない肌は、下にさがるしかなく、表面にたるみを作ることになります。
そして、皮下脂肪ですが、誰でもあるものなのですが、新陳代謝が盛んな時には、
顔の保温、エネルギーとして使用されることになりますが、これも年とともに使われなくなり、顔に無駄につくことになります。

それが、多くなってきてたるみの原因になります。
筋肉の低下は、全身に言えることですが、顔も同様です。
顔の筋肉が落ち、顔の肉を支えきれなくなってしまうのです。
その他、外的な要因として、紫外線やストレス、活性酸素、生活習慣などがあります。
特に紫外線に関しては、過去浴びたものも、現在の皮膚作りと関係します。
ですから、これから絶対に紫外線を浴びないくらいの気構えが欲しいところです。

顔のたるみはどうしてもエスカレートしてしまいます。
活性酸素はよく聞く言葉ですが、紫外線やタバコによって体内に多く発生してしまいます。
毛穴の開きを治す方法としても食事のバランスをとって、ビタミンを多く摂り、睡眠不足にならないと言ったことが、顔のたるみ防止には必要なことです。

ほうれい線には早期予防とマッサージ

30代に突入したころから気になりだすほうれい線。
シミとは違ってほうれい線は化粧でも隠すことはできません。年齢を重ねるほどに深く目立ってしまうほうれい線。
美容クリニックによるヒアルロン酸注射もありますが、金銭面の負担が大きい上に根本的な改善にはなりません。


ほうれい線ができる原因は肌のたるみによるものです。
脂肪の多い頬が下に落ちてくることで溝が目立ち、老け顔に近づいてしまうのです。


ではほうれい線を予防するにはどうしたらよいのでしょうか?


現代社会では、パソコン使用を長時間おこなうことで姿勢が前傾になり肩こりなどと同時に頬がたるみやすくなります。
また食事の際は柔らかいものばかりを好んで食べ、口まわりの筋肉が衰えやすい傾向にあります。こうした生活習慣からもほうれい線はできやすくなっているんです。


つまり姿勢に気を付けてストレッチをしたりコリをほぐし、口まわりの筋肉を鍛えることができればほうれい線にも効果がある、ということです。
顔のコリをほぐすには、ほうれい線の上や頬を強めにマッサージしてください。


このとき奥の筋肉を意識して、筋肉自体を動かすようにおこなってください。
表面だけだとシワの原因になりかねません。ほうれい線の消し方や口まわりの筋肉には舌マッサージが効果的です。

口を閉じて舌で頬の内側を押しあげるように一周させましょう。それを左右数回おこなってください。
ほうれい線なんて自分はまだ大丈夫!と思っている方も油断はできません。
早くからの予防を心がけて若々しさを保ちましょう。

「たるみ」に関する関連記事一覧

顔のリフトアップの方法

顔のリフトアップには日常でできる簡単フェイササイズ! 女性なら誰もが気になる顔のたるみやシワ。年を重ねるごとに目尻のシワが増えてきた、ほうれい線が目立ってきたなど、顔は身体のどの部位よりも敏感に気になります。まだ大丈夫だ

…続きを読む >

顔のたるみ改善の「アスタリフト」

顔のたるみに赤の力 アスタリフトでマイナス5歳肌 アスタリフトの魅力は、赤の力。ということで、注目の含有成分はアスタキサンチンとリコピンです。ハリと輝きを持たすために、富士フィルムが長年かけて発見した美容成分です。目指す

…続きを読む >

顔の筋肉アップで顔のたるみ解消

筋肉をつけることで、顔のたるみが解消できる? 顔のたるみ解消には、運動をお勧めします。体も同様ですが、たるんだ肉を引き締めるには、筋力アップをして、皮膚を支えることで、顔のたるみなども解消することができます。筋肉を鍛える

…続きを読む >

顔のたるみに効果的な美容成分

顔のたるみには、必要な美容成分があります 顔のたるみに効果的な美容成分は、代表的なものにコラーゲンがあります。その他エラスチン、ヒアルロン酸が欲しいところです。これらがよくある有効成分だとされています。 ですから、スキン

…続きを読む >

【アラサーのスキンケア】保湿を徹底するための方法

アラサーで必要なスキンケアの見直し アラサー年代とは、30歳を挟んだ年齢層を言います。肌は、目元や口ものとシワやたるみがで始めることが多くあります。現在では10代後半からお化粧は当然の事になります。 高校生でもメイクはし

…続きを読む >

顔のたるみ改善の「ミューノアージュ」

決め手は7種のペプチド ミューノアージュ ミューノアージュは、ドクターズコスメとして注目されています。医師が開発するスキンケア。ミューノアージュが選んだ成分はペプチドです。たんばく質であり、アミノ酸の集合体のペプチドは肌

…続きを読む >

PAGE TOP