頬鼻の毛穴治し方ガイド > 顔のたるみ > たるみケア > 【アラサーのスキンケア】保湿を徹底するための方法

【アラサーのスキンケア】保湿を徹底するための方法

アラサーで必要なスキンケアの見直し

アラサー年代とは、30歳を挟んだ年齢層を言います。
肌は、目元や口ものとシワやたるみがで始めることが多くあります。
現在では10代後半からお化粧は当然の事になります。

高校生でもメイクはしている方も多いですが、アラサーになってあれ?と思うことがあります。
それは、乾燥やテカリ、毛穴の黒ずみの悩みがでてきます。
今まではこんなことがなかったのにと思うのも、このアラサー年代です。

多少のズレはありますが、そろそろ一度今までのスキンケアを見なおさなければならない時期に入ります。
少し前の20代前半までのスキンケアでは合わない、今度はシワなどのスキンケアを加わることになります。
アラサーの肌で、おやっ?と思うのは、保湿がされていないと感じることです。

水分を保つことができない、今までの保湿剤だけですと、肌に水分をしまいこむことができないと感じ始めます。
これは肌を守るバリア機能の低下や、保湿機能が衰えている証拠です。

はじめる時期。
今までのように外側から潤すだけではダメで、肌に付けた成分を肌の奥に浸透させることも必要になります。
目元、口元のシワや頬のたるみもそんな現象の一つ。

弾力や潤いを維持しにくい肌に変わっている人を再確認した後は、スキンケア製品も、浸透率の良いもの、アラサー スキンケア向きのモノに変えていくことが必要です。
きっちり正確にしたいのなら、美容部員のいるカウンターなどで肌年齢を測ってみるのが良いですが、とりあえずは、浸透が良いアラサー向きの化粧品、スキンケアに変えることをオススメします。
トライアルなどで試してみて、数日様子をみて、肌変化が起こったら、そのモノに移行することをオススメします。
そのまま放っておけば、シワも乾燥などの肌トラブルが深刻化していくことになります。

外側から保湿するだけでは根本から解決することはできませんが、細胞にしっかりと栄養を与えて
肌自身が潤いを維持するチカラを育ててあげることが可能です。

PAGE TOP