頬鼻の毛穴治し方ガイド > 毛穴 > 毛穴パック > 気を付ければ大丈夫?毛穴パックの効果と危険性が知りたい!

気を付ければ大丈夫?毛穴パックの効果と危険性が知りたい!

気を付ければ大丈夫?毛穴パックの効果と危険性が知りたい!

「毛穴の黒ずみが一掃できる!」と愛用者が多い「毛穴パック」。
ゴッソリと汚れが付いたパックを見た時の爽快感はたまりませんよね!

しかし、「パックの直後はキレイになったけれど、すぐにまた黒ずんでしまう…」

こんな経験をした方は多いと思います。そしてパック前よりむしろひどくなったと感じる人が多いことをご存知でしょうか。

実は、毛穴パックは、はがす時に強い力が加わるため、お肌への負担が多く、使い方を間違えると毛穴が広がる大きな原因になってしまうのです。

だから、鼻の黒ずみをキレイにするには、毛穴パックの正しい知識が必要です。
軽い気持ちで毛穴パックを使うと、後悔することになるかもしれません。

正しい知識を身につけて、自分に合った毛穴ケアをしましょう。

毛穴パックって?

毛穴パックは、毛穴にたまった角栓などの汚れを取り除くアイテムです。
毛穴が目立つ鼻や小鼻に貼ってはがすと、パックに付着した角栓を除去することができます。

角栓は、古い角質と皮脂やメイク汚れなどが混ざり固まったものです。
酸化すると黒ずみ、毛穴がボツボツと黒い点のように目立つようになります。

毛穴パックを使うと、この憎き角栓がゴッソリと取れるので効果的なアイテムと思ってしまいます。
反面、肌を痛め、鼻の黒ずみが悪化するリスクもはらんでいるのです。

毛穴パックの種類

毛穴パックは大きく分けて「シートタイプ」と「洗い流すタイプ」があります。

シートタイプは、水で濡らしたシートを鼻に貼り、乾いてからはがすことで、毛穴の角栓を引っこ抜くように取り除きます。

粘着力が強く、毛穴に詰まった角栓などの汚れを一気に取ることができます。
一方で、肌に必要な皮脂や角質まで取ってしまうリスクがあります。

洗い流すタイプは、クリーム状やジェル状のもので、主に自然の土であるクレイや炭酸ガスを原料にしています。

クレイや炭酸ガスには、皮脂汚れを付着させる性質があり、毛穴に塗ることで角質などを吸着します。
毛穴に塗った後、しばらくおいてからパック材を洗い流すことで、毛穴に詰まった角栓を除去します。

洗い流すタイプは、シートタイプに比べ肌に与えるダメージは少なくなります。
しかし、パック材と一緒に肌に必要な水分や油分を洗い流してしまうリスクがあるのです。

また、毛穴パックの効果を高める方法として、口コミなどで評判の高い「オロナインパック」というものがあります。

オロナインパックは、市販の製品ではありません。医薬品であるオロナインを毛穴に塗り、その後に毛穴パックを貼って角栓を取る方法です。

やり方は簡単です。オロナインを鼻に塗って、そのまましばらく待ちます。
10分ほど経ったら、ぬるま湯で洗い流し、その後に毛穴パックをします。

これだけで、オロナインの粘着力が毛穴パックの吸着力を高めるといいます。

オロナインパックはオロナインの正規の使い方ではありません。
行う時はあくまで自己責任ということをくれぐれもお忘れなく。

毛穴パックの使い方

シートタイプの毛穴パックは、濡らしたシートを毛穴の気になるところに貼るだけです。
しかし、いくつかの注意点を理解しないで使うと、効果がないばかりか肌にダメージを与えることになります。

まず、シートを貼る前に、洗顔で汚れを取っておきましょう。
そして、シートは水で濡らし、隙間なく肌に密着するように貼ります。

シートをはがすのは完全に乾いてからです。
また、シートタイプは、ゆっくりはがすというのが最も大事なポイントです。

洗い流すタイプは、シートタイプに比べ多少手間がかかります。

まず、毛穴がしっかり隠れるようにパック材を塗ります。
10分ほど待ってパック材が完全に乾いたら、ぬるま湯で洗い流します。

この時、洗い残しがあると肌トラブルの原因となります。
パック材が肌に残らないように、しっかり洗い流すことがポイントです。

シートタイプも洗い流すタイプも、毛穴の角栓を吸着する力が強いのが特長です。
だから、毛穴に付着させる時よりも、はがす時に細心の注意を払いましょう。

毛穴パックの効果は?

毛穴パックは、微小な毛穴に詰まった汚れを取り除くという画期的な商品です。
毛穴の角栓を一気に、ゴッソリと取り除けるという、即効性があります。

しかも、その効果を自分の目で確認できるという視認性もあります。
毛穴の汚れが一気に取れて、すぐに確認できるのが毛穴パックの最大の特長です。

毛穴パックが危険って本当?

毛穴パックは、強い吸着力で毛穴の汚れを一気に引き抜くため、肌には相当なストレスが加わります。

汚れを取る力が強いがゆえに、肌へのリスクも高いのです。具体的には以下のようなリスクがあります。

使いすぎると凸凹のイチゴ鼻に

毛穴パックを日常的に使っていると、毛穴が広がったままになります。
そこへ角栓や汚れがたまり、酸化して黒ずむと黒いブツブツのようになり、いわゆる「イチゴ鼻」になってしまいます。

毛穴パックで角栓を引き抜いた後、毛穴は開いたままです。
当然、皮脂汚れなどが詰まりやすい状態です。

角栓を引き抜く→毛穴が開きまた角栓がたまる→たまった角栓をまた毛穴パックで引き抜く

という連鎖を繰り返していると、かえって鼻の黒ずみが目立つようになってしまいます。
むやみやたらと毛穴パックを使い続けることは、イチゴ鼻へのリスクを顧みない無謀な行為なのです。

毛穴が広がる

毛穴パックは角栓や汚れを吸着させ、無理やり引き抜きます。
この引き抜く時の力が、毛穴を押し広げてるのです。

また、角栓が取れた後に毛穴は大きく開いています。
そのままにしておくと皮脂やより多くの汚れが入り込みやすくなります。

そして、毛穴パックをして毛穴が開いたままのの状態を繰り返すと、毛穴がさらに大きく広がる可能性があります。
つまり、毛穴パックを繰り返すほど、毛穴へのダメージは大きくなるのです。

角質がはがれて乾燥肌に

毛穴の奥の角栓を引き抜くため、毛穴パックには相当の吸着力があります。それはそのまま、肌への危険性につながります。

強力な吸着力で貼りついた毛穴パックをはがすと、肌の表面にある角質や必要な皮脂までも取り除いてしまいます。

角質や皮脂は、水分の蒸発を防いで肌の潤いを保つ役割があります。
これらを失うと肌は乾燥しやすくなってしまうのです。

潤いを失った肌は、ニキビや肌荒れなどのさまざまなトラブルを引き起こす原因になります。そのリスクは計りしれません。

毛穴パックを安全にしようするには

知識不足のまま毛穴パックを繰り返し使うのは、肌に深刻なダメージを与えるリスクを伴います。

では、毛穴パックのリスクを減らすには、どうしたらよいのでしょうか。

敏感肌、乾燥肌の人は使わない

毛穴パックが肌に与えるダメージは、使えば使うほど大きくなります。
肌のダメージが回復しないうちに、さらなるダメージを与えることで、肌本来のバリア機能や修復機能が働かなくなってしまうからです。

特に敏感肌や乾燥肌の人は、もともと肌のバリア機能が弱いため、よりダメージを受ける危険性が高まります。
敏感肌、乾燥肌の人は、毛穴パックの使用を控えたほうがよいでしょう。

使用する前にきちんと温める

毛穴から角栓が引き抜かれる時、毛穴は押し広げられます。
柔軟性のない肌ならば、広がったままになることもあるのです。

毛穴が広がるのを防ぐには、事前に温めて毛穴を開いておくことが有効です。

毛穴パックをする前に、暖かいタオルなどで鼻を温めて毛穴が開いた状態にしておけば、パックをはがす時に毛穴が押し広げられるリスクを避けられます。
同時に毛穴の汚れも取りやすくなるので、肌へのダメージを抑える効果も期待できます。

アフターケアをきちんとする

毛穴パックのリスクを下げるためには、アフターケアが欠かせません。
これは「パックによって肌が受けたダメージと、毛穴の広がりをケアする」ということになります。

毛穴パックの後は肌の角質がはがれ、水分が失われやすい状態です。
肌が乾燥しないように、パック後はすぐに保湿をしましょう。
また、広がった毛穴には冷たい水などで冷やして、引き締めることが効果的です。

まず、保湿で肌に潤いを与え、その後に冷やして肌を締める。「保湿」と「冷却」で毛穴パックのリスクを回避しましょう。

使用頻度を守る

鼻の黒ずみが気になると、角栓がゴッソリと取れる毛穴パックに依存しがちになります。しかし、毛穴パックは使いすぎが一番危険です。

個人差はありますが、毛穴パックの頻度は週に1~2回が目安になります。大事なお出かけ前や、特別な日だけのスペシャルケアとして使うのが理想かもしれません。

毛穴パック以外のケア方法って?

毛穴パックは超即効性のある方法ですが、その分リスクを伴います。

だから、鼻の黒ずみやイチゴ鼻は、汚れを取り除くだけではなく、じっくりと時間をかけながら改善するのが正しいケア方法といえるでしょう。

毛穴の汚れを取り除く間違いのない方法は「洗顔」です。洗顔にもリスクはありますが、正しい方法で行えば毛穴パックほどのリスクはありません。肌トラブルの改善は「洗うこと」が基本といえます。

洗顔を毛穴ケア用に変えてみる

リスクの高い毛穴パックに替えて、洗顔で毛穴ケアをするなら毛穴用の洗顔料を使いましょう。

今、毛穴ケア用として注目を集めている洗顔料が「どろあわわ」という石鹸です。

どろあわわは、文字通り“泥”を原料にした石鹸になります。

どろあわわには「マリンシルト」という沖縄の美容泥と、「国産ベントナイト」と呼ばれる海底に堆積した火山灰からできた泥が使われています。

マリンシルトは髪の毛の16分の1以下という微粒子で、毛穴の皮脂汚れや角栓を取り除く働きをします。国産ベントナイトは毛穴の洗浄作用に加え、肌のキメを整える働きがあります。

もう1つの特徴は、濃密なもこもこ泡で肌にやさしく洗えることです。
その泡はクリーミーでありながらズッシリと重みがあり、指が肌に触れることなく汚れを落とすことができます。

さらに、コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分もたっぷり含まれています。どろあわわ1つで洗顔と保湿が同時にできるのです。

リスクなく毛穴の黒ずみを落とせるばかりか、美肌効果まで期待できる石鹸がどろあわわです。

保湿をきちんと行う

毛穴の黒ずみに効果的なもう1つの対策として「保湿」が挙げられます。
なぜ、保湿することが毛穴ケアになるのでしょうか?

まず、保湿によって毛穴の開きを防ぐことができます。肌は乾燥すると細胞が縮んで、それに引っ張られる形で毛穴が広がりやすくなります。保湿によって肌が弾力性を取り戻せば、毛穴が開くリスクを減らすことになります。

乾燥した肌はターンオーバーが正常に行われず、古い角質がいつまでも残るので毛穴に詰まりやすくなります。
保湿によって、古い角質から新しい角質へ入れ替わることは毛穴ケアにつながります。

保湿はあらゆる肌トラブルを改善する基本です。そして、それは毛穴の黒ずみの改善でも例外ではありません。

毛穴パックを今すぐ卒業!洗顔と保湿を重視しましょう

毛穴パックは即効性のある毛穴のケア方法ですが、その分リスクを伴います。ゴッソリと角栓が取れた時の快感がクセになり、毛穴パックにハマると、後悔することになるかもしれません。

毛穴パックに頼らなくても、「洗顔」と「保湿」で地道にケアすれば、鼻の黒ずみはなくすことができます。肌が喜ぶことをしてあげれば、毛穴の黒ずみはなくなるのです。

洗顔と保湿で賢く、安全に毛穴ケアをしちゃいましょう。

PAGE TOP