頬鼻の毛穴治し方ガイド > 毛穴 > 毛穴の黒ずみ > 悩みの種はイチゴ鼻!毛穴の黒ずみの原因って知ってる?

悩みの種はイチゴ鼻!毛穴の黒ずみの原因って知ってる?

悩みの種はイチゴ鼻!毛穴の黒ずみの原因って知ってる?

女性の大きな悩みの1つが“毛穴の黒ずみ”です。
特にイチゴのようにブツブツが目立つようになった鼻は、なんとかしたいですよね。

実は毛穴の黒ずみは、開いた毛穴に詰まった汚れが原因であることがほとんどです。

では、その汚れはどうしたらキレイになるのでしょうか?
イチゴ鼻になる原因と、キレイにするための方法を紹介します。

毛穴が黒ずむのはなぜ?

イチゴのつぶつぶのように毛穴が黒く見えるのは、大きく分けて4つの原因があります。
あなたはどのタイプに当てはまりますか?

①毛穴の詰まり

古くなった皮脂や角質が毛穴に詰まって固まると、それが皮膚表面から黒い点のように見えます。
この黒ずみは、皮脂や角質の詰まりを取り除かなければ解消されません。

②メラニン

毛穴の汚れや詰まりを解消してもなかなか消えない毛穴の黒ずみは、メラニンが原因かもしれません。
触ってみてザラつきがない場合は、このタイプの可能性が高いといえます。

また、毛穴が密集している鼻の周辺が日焼けすると、メラニンも密集して黒く見える原因になります。

③産毛

埋もれている産毛が原因で、毛穴が黒く見えている場合もあります。鏡でよく観察してみましょう。

この場合は毛穴パックや洗顔で解消はできません。
産毛の処理を行うことで黒ずみが解消されることがあります。

④毛穴の広がり

毛穴に老廃物がたまって詰まっていると、穴が広がって黒く見えます。
また、毛穴は「穴」なので、開いていると汚れが詰まっていなくても穴の影で黒く見えます。
穴は閉じていれば肌色なのです。

一番多い原因!角栓がたまるのはなぜ?

「角栓」とは、皮脂や角質が毛穴に詰まり酸化して固まった状態をいいます。

イチゴ鼻の原因で一番多いのがこのパターンです。

では、なぜ角栓ができてしまうのでしょうか?
原因はいくつかあります。

皮脂の過剰分泌

鼻は皮脂が多く分泌される場所なので、それが酸化して黒ずみにつながりやすいといえます。
また、乾燥しすぎた肌は、かえって皮脂が多く分泌されることもあります。

肌のハリ、弾力の低下

加齢やストレスによって肌のハリや弾力が低下すると、毛穴の周囲が緩み、穴が開いたままになりやすくなります。そこに汚れや皮脂がたまることで、黒ずみが起こりやすくなるのです。

硬くなってしまった肌

洗いすぎると必要な皮脂が取れてしまい、乾燥が進んで肌が硬くなってしまいます。
このような硬い肌に汚れが詰まると取りづらく、取れても毛穴が閉じにくくなってしまいます。
強い洗浄力のクレンジング剤を使っている人は特に注意してください。

メイクや汚れの落とし漏れ

汚れが詰まって開きがちな毛穴をファンデーションで隠そうとすると、メイクの成分が毛穴に入ります。
そして、メイクをキレイに落とさないと、ますます汚れが毛穴に詰まることになるのです。

それぞれのケア方法は?

毛穴の黒ずみの原因がわかったところで、お手入れの方法を紹介しましょう。
自分のタイプに合わせたケアをすることで、効果的に黒ずみを解消することができます。

毛穴の詰まりが原因の場合

一番多いこのタイプは、詰まりを取り除きつつ、肌をやわらかくして毛穴を閉じるケアをします。

丁寧な洗顔

まずは詰まった汚れや角質を丁寧に洗って取り除きましょう。
そのためには正しい洗顔をすることが大切です。

保湿

鼻まわりが脂っぽい人が怠りがちなのが“保湿”です。
汚れを落とした毛穴を閉じるためには、硬くなった肌を保湿してやわらかくする必要があります。
洗顔後の保湿で肌が潤っている状態をキープできれば、毛穴は徐々に目立たなくなります。

メラニンが原因の場合

皮膚は、ダメージを受けると防御しようとしてメラニンを生成します。
つまり、間違ったケアで刺激を与え続けると、かえって黒い色素が増えることになるのです。

メラニン生成を抑える

まずは、今ある黒ずみが悪化しないようにメラニンの生成を抑えましょう。
紫外線の刺激を受けるとさらにメラニンが生成されます。
そのため、紫外線対策を行うことが大事です。

ターンオーバーを整える

肌が新しい細胞に入れ替われば、皮膚にあるメラニンもなくなっていきます。
そのためには、肌が生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)を整えることも大事です。

また、食生活や生活習慣を見直してみましょう。
油っこい食事や刺激物のとりすぎを避ける、睡眠不足にならないといったことが大切です。

美白ケア

生成されてしまったメラニンは、美白美容液などを使ってケアをしましょう。
黒ずみの原因がメラニン色素の場合、美白ケアだけでかなり改善されることがあります。
また、美白に効果があるといわれているビタミンC誘導体は、メラニン生成を抑制してくれます。

洗顔と保湿

毛穴の詰まりのケア同じく、「洗顔と保湿」が基本です。
摩擦の刺激でメラニンが生成されないように、やさしく洗顔をしましょう。

正しい洗顔で黒ずみをすっきり除去!

黒ずみになった皮脂や汚れを落とすことは必要ですが、洗いすぎはかえって悪化の原因になります。
肌を守るために必要な皮脂は残しながら、「汚れだけを洗い流す」とイメージしてください。

洗顔方法

まずは手を洗って雑菌を洗い流したあと、朝はぬるま湯のみで手洗いします。
何度も洗顔料を使って洗うのは、必要な皮脂まで落としてしまっているのでNGです。

夜はぬるま湯で軽く洗ってから、洗顔料をよく泡立てて洗います。
しっかりと泡立てると、肌への摩擦が少なくなります。

すすぎ残しのないように洗い流したら、タオルでやさしく水分を取ります。
決してこすらないようにしましょう。

いちご鼻を治す!毛穴のブツブツにはVCOマイルドソープがおすすめ!

コツ

鼻と手が触れないように、やさしく洗うのがコツです。
長い時間、ゴシゴシと洗わないようにします。
また、洗浄力の強い洗顔料は使わないようにしましょう。

気を付けて!黒ずみを増やしているケア方法!

イチゴ鼻を解消したくて、いろいろな方法を試している人も多いでしょう。
でも過剰なケアが、逆に黒ずみを増やしていることもあるのです。

避けたほうがよいのは具体的には以下のようなケアです。

力強くゴシゴシとこする

ブツブツが気になると、強くゴシゴシと洗ってしまいがちですが、絶対にダメです!
皮膚が硬くなってしまい、汚れが取れたあとも穴が閉じにくくなるからです。

強くこすっても汚れが落ちるわけではありません。
弱い力でもキレイに落とせる方法でケアしましょう。

毛穴パック

汚れがごっそりと取れる爽快感から、日常的に毛穴パックを使っていませんか?

実は毛穴パックは汚れを落とすだけでなく、必要な皮脂や角質まで無理やりはがしているのです。
その影響で細胞がダメージを受けて乾燥し、汚れが入りやすくなります。
すると、ますます黒ずみを増やすことになるのです。

指でつまみ出す

毛穴の詰まりを指でつまみ出したり、産毛を抜いたりするのはやめましょう。
刺激を受けた毛穴がさらに広がって、跡が残ったり、皮脂の分泌が増えたりして、かえって黒ずみを増やしてしまいます。

正しい毛穴ケアをしてイチゴ鼻を卒業しよう!

毛穴の黒ずみは、いくつかの原因に分類されることがわかっていただけたでしょうか。

毛穴の黒ずみは原因によって解決方法が違います。
そして自分のタイプに合ったケアを続けることで解消していきます。

正しいケアを知って、ブツブツのイチゴ鼻を卒業しましょう!

PAGE TOP