頬鼻の毛穴治し方ガイド > 毛穴 > 毛穴ケア > クレンジングで毛穴対策!メイクオフだけじゃない効果とは

クレンジングで毛穴対策!メイクオフだけじゃない効果とは

クレンジングの役割はメイクオフだけじゃないって本当?

私たち女性は、毎日綺麗にお化粧をして、1日の終わりにはお化粧を落とすということを繰り返しています。
メイクの落とし残しはお肌にとっては良くないので、クレンジングやポイントメイク落とし等を使用してしっかりとお化粧を落とすことは非常に大切なことです。
クレンジング=メイク落としという概念の人は多いと思いますが、でも実は、クレンジングにはお化粧を落とすという役割だけでなく、毛穴対策としての役割も果たしているのです。

クレンジングの役割

クレンジングはお化粧と馴染んで、お化粧をお肌から浮かせて落とします。
毛穴の角栓についても同様で、角栓を浮かせてとれやすくします。毛穴の角栓詰まりには、毎日繰り返しているクレンジングや洗顔をしっかりと行い、毛穴の奥まで清潔にすることが非常に大切といえます。
では毛穴対策の観点ではどのようなクレンジングを選べば良いのでしょう。

クレンジングの種類

クレンジングの種類には、オイルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、拭き取りタイプ等があります。
各々のお肌の状態によっても最適なタイプは異なるのですが、ここではクレンジングの特徴から3つタイプについて説明します。

最強の洗浄力のオイルクレンジング

洗浄力が一番強いクレンジングといえばオイルタイプのクレンジングです。
その確実な洗浄力でしっかりメイクも綺麗に落とし、毛穴の奥までしっかりと洗えるでしょう。しかし、洗浄力が強いためお肌への刺激も強く、お肌の保湿成分も共に洗い流してしまう可能性があります。
洗った後にお肌が乾燥しやすいので、しっかりと保湿する必要があるでしょう。

マイルドな洗浄力のミルクタイプ

マイルドな洗浄力なイメージのミルクタイプですが、ベースメイクはしっかり落とせるだけの洗浄力は十分にあります。
目元等のメイクはポイントメイクリムーバーと併用すれば特に問題はないでしょう。
ミルクタイプは洗浄力が弱い分、お肌への負担は少ないです。乾燥による皮脂分泌で毛穴が開いている場合等では最適な選択といえるでしょう。

毛穴対策には向かない?拭き取りタイプ

毛穴対策のみの視点では、拭き取りタイプのクレンジングは避けたほうが良いかもしれません。
拭き取りタイプではしっかりとメイクを落とそうと知らず知らずのうちに強くこすってしまい、摩擦でお肌をいためてしまう場合があります。更に、擦ることによってかえって毛穴の中に油分を押し込んでしまう可能性もあるからです。
しかし、拭き取りクリームタイプでは、使用方法をしっかりと守れば摩擦も起きず、洗浄力もオイル程強くないのでお肌の保湿成分を守りながらメイクを落とすことが出来ます。忙しくて早くメイクが落ちないと困るという人には向かないかもしれません。

毛穴対策に効果的なクレンジング方法

上記以外にも様々なタイプのクレンジングがありますが、毛穴対策にはどのようにクレンジングを使用すれば良いのでしょう。
毛穴に詰まった角栓を取り除くためには、毛穴を開かせてからクレンジングをすれば良いのです。
どのタイプのクレンジングを使用するにしても、クレンジング前には蒸しタオル等でしっかり毛穴を開かせてからやさしく丁寧にクレンジングを行うと角栓が浮き出てきやすく、毛穴対策に良いといえるでしょう。

PAGE TOP