頬鼻の毛穴治し方ガイド > 毛穴 > 角質 > 家でもケアできる!顔の角質取りにオススメの簡単な3つの方法

家でもケアできる!顔の角質取りにオススメの簡単な3つの方法

家でもケアできる!顔の角質取りにオススメの簡単な3つの方法

「毎日お手入れをしているのに、なんだか化粧ノリがよくない」
「鼻の頭もボツボツして毛穴が悪目立ちしてきた」
「肌全体がザラザラして透明感もなく、ぱっとしない」

こんな肌の症状でお悩みの方の原因はもしかしたら“角質”かもしれません。

顔の角質はたまると化粧品の効果も半減させ、くすみや黒ずみの元にもなります。
正しいスキンケア方法でくすみやザラつきをなくし、きれいなお肌をキープしましょう。

角質と角栓とは?

古い角質がたまったり、角栓が毛穴に詰まったりすると肌調子が悪くなります。
「角質」と「角栓」とはどういうものか、また、その違いについて以下で詳しく解説していきます。

角質と角栓の違い

角質は肌を外部刺激から守る大切な役割を持っています。

ターンオーバーのサイクルが正常であれば28日間程で古い角質は肌の表面に押し上げられ自然にはがれ落ち、細胞が生まれて肌に必要な新たな角質を形成していきます。

しかし、何らかの理由でターンオーバーのサイクルが乱れ、古くて不要になった角質がはがれ落ちずに肌の上に残ってしまうと、肌に透明感がなくなったり、ガサついたりします。

そのため、角質ケアでは肌に必要な角質はそのままに、古くなってたまった不要な角質だけを落とすことが大切です。

一方、角栓は「古くなった角質+酸化した皮脂+メイクの残り」が混ざってできたものです。
角栓の場合、古いものも新しいものも肌にとっては「汚れ」といえます。

角質・角栓がたまると何が起こるの?

角質や角栓がたまってしまうと肌にどんな影響をもたらすのでしょうか。

肌がくすむ

角栓を放っておくと酸化して色が変わり黒ずんできます。
すると、肌全体の色味もワントーンくすんだ印象になってしまうのです。

化粧ノリが悪い

角質・角栓がたまっていると、化粧水や美容液が浸透しにくくなり、肌コンディションも乱れがちになります。そして肌の調子が悪くなるとメイクのノリも悪くなります。

ニキビや毛穴の詰まりの原因に

角栓の周りには菌が発生しやすく、ニキビの原因にもなります。

古い角質を放っておくと頑固な毛穴詰まりになってしまいます。
だから、気が付いた時から早めのケアが大切です。

角質・角栓がたまる原因は?

日常生活の中のちょっとしたことがきっかけで皮脂分泌が過剰になったり、ターンオーバーのサイクルが乱れたりして角質や角栓の滞りが始まります。

具体的には以下のようなことに気を付けてください。

乾燥

肌は乾燥して潤いが不足すると、過剰な皮脂分泌を呼び込みます。
皮脂には肌を守る役割がありますが、多すぎると毛穴詰まりの要因になります。

肌を乾燥から守り、多すぎず、少なすぎない皮脂量が肌にあるようにすると肌トラブルは少なくなります。

紫外線

紫外線もターンオーバーを乱す外部刺激の1つです。
年間を通じて紫外線対策をしていくようにしましょう。

摩擦

顔の皮膚はデリケートです。洗顔やスキンケアの時でさえ力を入れると摩擦が起きて刺激となり、角質層が傷つく原因になります。肌に触れる時はやさしいタッチを心がけましょう。

生活習慣の乱れ

ストレス、睡眠不足、食生活の乱れも肌のターンオーバーのサイクルやホルモンバランスを乱し、結果的に毛穴詰まりや肌の不調を招きます。身体によい生活リズムを習慣づけると肌の調子も整ってきます。

加齢

加齢と共に肌のターンオーバーのサイクルが遅くなりがちになります。

これから紹介するホームピーリングやふき取り化粧水でのケアを取り入れて、不要なものは落としながらサイクルが正常になるように整えてみてください。

これでバッチリ!顔の角質・角栓取りの方法3つ

角質・角栓ケアでは除去することも大切ですが、ためこまないように予防をすることも重要です。
以下に紹介する3つの方法を日常のケアに取り入れて肌にやさしい角質・角栓対策を始めましょう。

①洗顔料

なるべく洗浄力の強い洗顔フォームより、洗顔石鹸を使用することがおすすめです。
しっかりと泡立てて、手と肌の間で摩擦が起こらないように“泡洗顔”をしていきましょう。

毛穴ケアにおすすめの洗顔石鹸はコチラ

②ピーリング

週1~2回のピーリングジェルを使ったケアを取り入れましょう。

角質・角栓を除去はもちろん、定期的に行うことで古い角質が毛穴にたまることを防ぎ、角栓ができないようにすることができます。
ただし、ピーリングをしたあとは保湿ケアも十分に行ってください。

③ふき取り化粧水

洗顔後に角質ケア用の収れん化粧水(ふき取り化粧水)をコットンに含ませてパッティングします。
この方法では肌の汚れを取り去りながら、ターンオーバーのサイクルも整えていけます。

【番外編】エステ

低濃度のフルーツ酸を使用したピーリングで角質・角栓ケアができるエステサロンもあります。
専門の技術を持ったスタッフが適切な角質・角栓除去の施術をしてくれるます。

自分でケアをするのが不安な人はプロに任せれば安心です。

角質取りの注意点

「美肌を目指してたっぷり角質を取り去りたい!」と思っている方も多いと思います。
そのために角質取りを使う場合には、以下の点に気を付けて行ってください。

取りすぎに注意

「角質=いらないもの」ではありません。
取り除くべきは古くてたまってしまった不要な角質です。
新しくて肌に必要な角質まで取りすぎないように注意しましょう。

敏感肌の人

普段から外部刺激の影響を受けやすい敏感肌の方は特に角質・角栓ケアをやりすぎには気を付けましょう。
ケアをしすぎると角質層に傷がつき、バリア機能が低下して外部からの刺激でダメージを受けやすくなります。

角質ケアのあとは必ず保湿を

角質ケアをしたあとは肌が乾燥しやすい状態になっています。
いつも以上にたっぷりと保湿ケアを行ってください。

洗顔と保湿が美肌のカギ!ピーリングはやりすぎに注意して

ていねいな洗顔と保湿ケアを地道に続けていくことが美肌へのカギとなります。
定期的なピーリングケアは大切ですが、くれぐれもやりすぎには気を付けてください。

また、ビタミンCはスキンケアとして肌につけても、食品として食べても毛穴ケアに大変有効な成分です。
毛穴が気になる時は、ぜひビタミンCを取り入れることも意識してみてくださいね。

<洗顔で角質を取って毛穴の開きを治す方法を公開中>

PAGE TOP