頬鼻の毛穴治し方ガイド > 毛穴 > 毛穴ケア > 乳液の働きとは?毛穴を塞ぐために欠かせない存在

乳液の働きとは?毛穴を塞ぐために欠かせない存在

乳液の働き 毛穴を塞ぐために欠かせない存在

毛穴の開きには、水分が必要と言うことで、スキンケアのごとに化粧水は惜しみなく使用することを心がけることは大切です。
しかし、その後何もしないでいることは厳禁です。
その化粧水の水分をきちんと肌に“しまいこむ”ことをするのが、保湿剤の登場になります。

乳液とクリームです。
化粧水だけでスキンケアを終わりにすると、肌がべたつくことがあります。
これは、化粧水で水分は補えるけれど、それを蓋をするための油分が必要になります。
自分で自分の皮膚のバランスをとるため、わざわざ皮脂を出してしまいます。
それがまた、毛穴の開きを助長することになります。

ですから、化粧水のあとの乳液やクリームで油分を補い、水分を閉じ込めることで、肌のバランスをとることになります。
そのため、毛穴を開かない良いにするための乳液の働きが重要になります。
脂性肌の方は、乳液はべたつくから、化粧水だけで終わり。

それでもベタベタしてしまうし、毛穴も開くんだよねという方も多いですが、これは完全な油分不足であり、同時に付けたはずの化粧水がきちんと自分の肌のものになっていない証拠になります。
脂性肌の方には、その肌に適した乳液を使用することで、べたつくことなく、肌が正常になるといえます。
毛穴の開きを治すなら乳液やクリームはどれも同じではなく、自分にとって必要な美容成分が入っているものを選んで使用するようにしてください。
乳液で、
肌にまんべんなくマッサージを行なうだけで、肌の温度が上がり、血行が良くなったり、十分な成分が肌に浸透します。
 
“有効成分が肌に染み込みます”と言った乳液をつけることで、肌をベストの状態にするだけではなく、化粧水も肌に閉じ込めることができます。
ですから、乳液の役目はとても大きく、毛穴の開きを改善するには絶対不可欠の存在になります。

たったこれだけを毎日きちんと行なうだけで、毛穴の開きは少しずつ治っていくことでしょう。
この時に気を付けたいのが、自分の肌に欲しい成分が入っている乳液を使用することです。

PAGE TOP