頬鼻の毛穴治し方ガイド > 毛穴 > 毛穴ケア > 改善しない毛穴の悩み。皮膚科ならたった3ヶ月で治る?

改善しない毛穴の悩み。皮膚科ならたった3ヶ月で治る?

毎日欠かさず洗顔やスキンケアなどしっかりお手入れをしているにも関わらず、毛穴の黒ずみや開きで悩んでいるという方は多いのではないでしょうか?
毛穴の汚れや開きは、見た目が美しくないことはもちろん放置しておくとニキビや肌荒れの原因にもなってしまいます。
とはいっても、一度詰まってしまった毛穴は、自己流ケアではなかなか改善するのは難しいものです。

そこでおススメなのが、皮膚科や美容皮膚科。

一度、肌のプロフェッショナルの力を借りて毛穴の汚れを一掃してみませんか?
今回は、皮膚科や美容皮膚科でどのような治療が行われているのか、料金なども含め詳しくご紹介しますので、是非読んで参考にして下さい。

皮膚科と美容皮膚科どっちに行けばいい?

皮膚科での治療方法は、飲み薬や塗り薬など医師に処方された薬で治していくというのが一般的です。
レーザーなどを使った治療を希望するのであれば、美容皮膚科に行くことをおすすめします。

皮膚科での治療

医師により診察後、処方される内服薬や外用薬で経過を見ながら治療していくことが一般的です。
保険適用のため、比較的安い料金で治療できるのも魅力です。

なお、毛穴詰まりでニキビができやすい、すでにニキビが悪化している方などはまずは皮膚科に行くことをおすすめします。
病院によっては、ニキビ出しなどの治療をしてくれるところもありますので、調べてみるのもいいでしょう。
以下、代表的な処方薬の効果や料金をまとめました。

これもまた、病院によって処方される薬は変わりますが、知識として覚えておくと役立ちます。

ディフェリンゲル(塗り薬)

■効果…ディフェリンゲルに含まれるアダパレンの作用により、毛穴の汚れを取り除きます。
ニキビになる前の極小さい毛穴の詰まり(微小面ぽう)を取り除くことでニキビの進行を防ぐことができます。
そのため、悪化した赤ニキビやニキビ跡には単体使用では効果が期待できず、抗菌剤との併用が必要になります。

■料金…保険適用(500円程度)

■注意…角質層が薄くなり肌のバリア機能が低下するため、一時的に赤みやヒリヒリ感を伴うこともあります。
塗った後はセラミド系の保湿剤などを使用し、角質を保護することをおすすめします。

また、レチノイドが含まれるため妊娠中、妊娠前後の服用は胎児に奇形が生じる恐れがあります。
妊娠を考えている男性は6か月、女性は2年間の服用を控える必要があります。

ヒルドイドソフト(塗り薬)

■効果…ヒルドイドに含まれるヘパリン類似物質には、抗炎症作用・保湿作用・血行促進作用の3つの効果があります。
そのため、悪化した赤ニキビを鎮静させ、また、乾燥肌が原因でできる所謂大人ニキビにも効果が期待できます。
さらに、血行促進作用により肌のターンオーバーが促されるため、ニキビ跡にも効果的です。

■料金…保険適用(200円程度)

■注意…副作用はほとんどありません。

但し、体質により赤みや痒みを伴う場合もあります。

イオウカンフルローション(塗り薬)

■効果…硫黄(イオウ)成分の角質を柔らかくする角質柔軟作用により、毛穴を広げ、詰まった角質や皮脂を除去する効果があります。
また、殺菌作用によりニキビの元になるアクネ菌を殺菌します。
カンフル成分には消炎作用があるため、炎症を起こした赤ニキビにも効果的です。

■料金…保険適用(500円~1000円程度)

■注意…副作用はほとんどありません。
但し、脱脂作用があるため、特に乾燥肌の人は保湿対策が必須です。
また、体質によっては皮膚に痒みや赤みを伴う場合もあります。

ビタミンB6製剤(飲み薬)

■効果…ビタミンB6には肌の代謝を促進し、皮脂の過剰な分泌を抑制する効果があります。
ターンオーバーの促進作用があります。

また、ビタミンB6にはニキビ跡の原因となるチロシナーゼと呼ばれる酵素の活性を抑える効果があるため、ニキビ跡にも効果を発揮します。

■料金…保険適用(1ヶ月分2000円程度)

■注意…ビタミンB6は水溶性ビタミンであるため、余剰分は体内に吸収されず摂取後2~4時間程度で尿などとともに排出されてしまいます。
そのため、毎日摂取することが必要です。

なお、ビタミンB6には皮脂の分泌を抑制する作用があるため、乾燥によるニキビ肌は悪化する可能性もあります。

ビタミンC製剤(飲み薬)

■効果…ビタミンCには抗炎症作用・美白作用があり炎症を起こしたニキビにはもちろん、メラニン色素の生成を抑えニキビ跡を予防する効果があります。
また、活性酵素を抑える作用により、ニキビの悪化を防止します。

■料金…保険適用(1ヶ月分2000円程度)

■注意…ビタミンBは水溶性ビタミンのため、余剰分は体内に吸収されず摂取後2~4時間程度で尿などとともに排出されてしまいます。
そのため、毎日継続的に摂取することが必要です。

美容皮膚科での治療

最新の美容機器などを使いレーザーやイオン導入などの治療を行います。
皮膚科では満足できなかった方や、もっと上の美しさを目指したいという方におすすめです。

なお、保険適用外のため、一般的に治療費は高額です。
病院によって行われる治療も料金も様々ですので、事前に下調べしてから足を運んでみて下さい。

以下、美容皮膚科で人気の治療方法や平均的な料金をご紹介します。

フラクセルレーザー

■効果…フラクセルレーザーは、今現在の毛穴の開いた肌を改善するのではなく、新しい肌に入れ替えることで毛穴を引き締める治療法です。
また、比較的肌に優しい治療法であると言われています。

■料金…1回あたり3万~5万円程度

■注意…肌に優しいレーザーですが、やはりアトピー肌の方には刺激の強い治療法であるため注意が必要です。

なお、治療後4日~14日程度の間で、かさぶたができます。
大切なイベントがある方は日程に余裕を持って治療することをおススメします。

サーマクール

■効果…サーマクールは皮脂を作り出す皮脂腺を収縮させることで、皮脂分泌量を減らしニキビを改善します。
ニキビの根本から改善できるため、繰り返しニキビに悩んでいる方にはおススメです。

■料金…1回あたり10万~30万円程度

■注意…肌に熱を与えるため、施術後に赤みや腫れ、痛みなど火傷に似た症状を伴う場合があります。

また、肌質によっては効果が実感できないといった場合もあります。

カーボンレーザー

■効果…毛穴に詰まった古い角質や老廃物を除去することで、ニキビの原因菌、アクネ菌の増殖を防ぐ効果があります。
また、肌のコラーゲンの生成が促進されることで開いた毛穴を引き締める効果もあります。

■料金…1回2万~5万円程度

■注意…施術後、痛みや赤みを伴うこともあります。
また、施術後に日焼け対策を怠ると色素沈着を起こす場合もあるため注意が必要です。

クリスタルピーリング

■効果…化学薬品を一切使用していないアルミナと呼ばれる細かい粒子を使い、皮膚の古い角質を溶かして除去します。
古い角質を取ることで、皮膚のターンオーバーが促進しニキビを改善します。

■料金…1回1万~2万円程度

■注意…比較的肌に優しいレーザー治療ですが、赤く炎症したニキビや、膿んだニキビなどには刺激が強すぎるため不向きです。

イオン導入

■効果…イオン導入剤に使用されるビタミンCには、皮脂の分泌を抑制する効果があります。
また、美白作用とコラーゲンの生成作用によりニキビ跡にも効果を発揮します。

■料金…1回3千円~5千円程度

■注意…イオン導入だけではニキビの原因菌を取り除くことは難しいため、多くはピーリング治療との併用になります。
なお、微弱電流を流すため妊娠中の方やペースメーカーを入れている方は治療ができません。

皮膚科で充分!より綺麗な肌を目指すなら美容皮膚科へ

このように、皮膚科と美容皮膚科では治療内容も料金も大きく異なります。
どちらに行こうか迷っている方や初めて治療を受けるという方は、まず皮膚科に通われるといいでしょう。

もちろん、その上の美しさを目指したいのであれば美容皮膚科がおすすめです。

ただし、たった1回で効果を実感することは難しいため、お財布事情も考慮したうえで治療方法を選択しましょう。

PAGE TOP